officewildsideの日記

I Respect Lou Reed, Velvet Underground and more...

https://officewildside.hatenablog.com

Lou Reed - During The 1970s On Brian Eno's Twitter

ブライアン・イーノがツイッターでルー・リードの写真をアップしています。なかなかカッコいい写真ですね。 https://twitter.com/dark_shark/status/1019372155266404353?lang=ja

Nico - Nico’s Birthday

1938年10月16日はニコの誕生日。生きていたら81歳ですか。どんな風貌になっていたのか、何をやっていたのか、想像するとちょっと怖い気もしますね。 1995年に発表されたニコのドキュメンタリー映画、ニコ・イコン(Nico Icon)はYouTubeで観ることができます…

Lou reed - Tarbelly And Featherfoot

1993年、ルー・リードはコンピレーション・アルバム、スウィート・レリーフ:ア・ベネフィット・フォー・ヴィクトリア・ウィリアムズに参加、ターベリー・アンド・フェザーフットをカヴァーしています。 これは、カントリー・シンガーのヴィクトリア・ウィリ…

Sam Moore & Lou Reed - Soul Man

1935年10月12日はサム・ムーアの誕生日。84歳。元気でなにより。 という訳で、サム・ムーア&ルー・リードによるソウル・マン。これは強烈なデュオですね。ファンク、ソウルが大好きなルーも何気にテンションが高く笑顔で歌っています。PVも時代を感じる映像…

Coffee Break - Tokyo Banana Kit Kat

ちょっと休憩ということで。 東京ばな奈のキットカットです。羽田空港で見つけました。バナナ・フレイバーがガツンとくるキットカットでした。話のネタに。 東京ばな奈 キットカット で「見ぃつけたっ」8枚入 冷蔵(クール)便発送推奨価格:1280円(税込、…

The Killers feat. Lou Reed - Tranquilize

2007年10月8日、ザ・キラーズ・フューチャリング・ルー・リードのトランキライズが発表されました。曲はなかなか重厚で、ルーがマジック・アンド・ロスとかで演っていてもおかしくない感じの佳曲ですね。PVにも登場しています。 この時期のルーはオリジナル…

Matthew Sweet & Susanna Hoffs - Sunday Morning

1964年10月6日はマシュー・スウィートの誕生日。55歳。 という訳で、マシュー・スウィート&スザンナ・ホフスによるサンデー・モーニング。まあ、さすがと言うか当然というか秀逸なカヴァーですね。もう声が反則。 マシューはポップ界最強のオタクの一人だと…

Lou Reed & Laurie Anderson - Gentle Breeze

2004年10月5日、プレスクール・エデュケーション・ベネフィットのCD、メアリー・ハッド・ア・リトル・アンプ(Mary Had A Little Amp)が発表されました。このアルバムに、ルー・リード&ローリー・アンダーソンはジェントル・ブリーズで参加しています。こ…

Lou Reed - Hooky Wooky (Maxi Single)

1996年に発表されたルー・リードのフーキー・ウーキーのマキシ・シングルです。収録曲は以下の通り。 1.Hooky Wooky 2.This Magic Moment (D.Pomus / M.Shuman) 3.You’ll Never Know You Loved 4.Run フーキー・ウーキーはセット・ザ・トワイライト・リーリ…

Lou Reed & Rob Wasserman - The Debt I Owe

1967年10月3日は伝説のフォーク・シンガー、ウディ・ガスリー(Woody Guthrie)の忌日。55歳。ウディはボブ・ディランを始め、多くのアーティストに影響を与えました。プロテストなフォーク・ソングの象徴のようなアーティストですね。 2011年、ルー・リード…

Martin Gore - Candy Says

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 デペッシュ・モード(Depeche Mode)のマーティン・ゴアによるキャンディ・セッズ。さすがのポップ・センスで秀逸なカヴァーではないかと。シンプルですが、ギター…

Lou Reed - You’ll Know You Were Loved

1995年、アメリカの人気TVドラマ、フレンズ(Friends)のサウンドトラックにルー・リードのユール・ノウ・ユー・ワー・ラヴドが使われています。この曲はルーのオリジナル・アルバムには未収録で、このサントラとフーキー・ウーキー(Hooky Wooky)のマキシ…

Bryan Ferry - What Goes On

1945年9月26日はブライアン・フェリーの誕生日。ブリティッシュ・ロック界一のダンディも74歳ですか。 という訳で、ブライアン・フェリーによるホワット・ゴーズ・オンです。彼らしいミドル・テンポでポップなロックンロールにアレンジしてますね。 ブライア…

Virgin Prunes - Lady Day

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 ヴァージン・プルーンズによるレディ・デイです。これは、1986年、パリでの演奏。ゴスでポジティヴ・パンク、ちょっとキワモノなヴォーカルと緩い演奏ですが、安っ…

Johan Heldenbergh - Walk On The Wild Side

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 2016年に公開された映画、修道士は沈黙する(Le Confessione)の中でワイルド・サイドを歩けが歌われる印象的なシーンがありましたので紹介します。歌っているのは…

Coffee Break - Andy Warhol The Complete Commissioned Record Covers

ちょっと休憩ということで。 洋書でアンディ・ウォーホルのレコード・カヴァー集です。2015年に発売。値段がだいぶ安くなってますが、買うべきかちょっと悩みどころです。

Joan Jett - Rock’n’Roll

1958年9月22日はジョーン・ジェットの誕生日。61歳ですか。 という訳でジョーン・ジェット&ザ・ブラック・ハーツによるロックンロールです。アイ・ラヴ・ロックンロールではなくヴェルヴェッツのロックンロール、これは初めて聴きました。2013年11月の演奏…

Nick Cave & The Bad Seeds - All Tomorrow’s Parties

1957年9月22日はニック・ケイヴの誕生日。62歳。 という訳で、ニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズによる夢見るパーティー。これはカッコいいですねー。呪術的で混沌としたポスト・パンクなサウンドは彼らの真骨頂でしょうか。ブリクサ・バーゲルドの参加も…

The House Of Love - I Can’t Stand It

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 ザ・ハウス・オブ・ラヴによるアイ・キャント・スタンド・イット。これは初めて聴きました。1989年の発表となっています。時代の音なのか、ちょっとリズムがバタバ…

Girl In A Coma - Femme Fatale

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 テキサス出身のガールズ・バンド、ガール・イン・ア・コーマによる宿命の女です。2010年の発表。良質なギターポップですねー。ギターの歪み具合もアレンジのセンス…

Milla Jovovich & The MDH Band - Satellite Of Love

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 ミラ・ジョヴォヴィッチ&ザ・ミリオン・ダラー・ホテル・バンドによるサテライト・オブ・ラヴです。これは、2000年に公開されたヴィム・ヴェンダース監督の映画、…

Cheap Trick - I’m Waiting For The Man / Heroin

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 チープ・トリックによる僕は待ち人、途中、ヘロインが挿入されています。これは1974年の演奏、メジャーデビュー前ですね。 ビートルズ愛に溢れる能天気なパワー・…

Lou Reed - Iggy Pop Interview About Last Gig With Lou

ルー・リードに関する記事を紹介します。 イギー・ポップがインタビューで、2011年のルーとの最期のライヴについて語っています。フェスの出演順がイギー&ザ・ストゥージズの前がルーだったらしく舞台袖で観ていたんでしょうか。イギーは〈ルーがやったこと…

Coffee Break - Body Shop Banana Shower Gel

ちょっと休憩ということで。 ザ・ボディ・ショップのバナナ・シャワー・クリーム、数量限定らしいです。 【正規品】【数量限定】シャワークリーム バナナ 250ml【THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ)】価格:1296円(税込、送料別) (2019/9/9時点)

Lou Reed & John Zorn - Magic And Loss

1953年9月12日はジョン・ゾーンの誕生日。66歳。 という訳で、ルー・リード&ジョン・ゾーンによるマジック・アンド・ロスを。これは、2008年5月、ニューヨークのハイライン・ボールルームでの演奏です。15分近い長いヴァージョンで、最後はサックスとノイズ…

Lou Reed & Jim Carroll - People Who Died

2009年9月11日はジム・キャロルの忌日。60歳。 という訳でルー・リード&ジム・キャロルによるピープル・フー・ダイドを。これは1984年の演奏で全盛期のルー・リード・バンドをバックに歌っています。うーん、凄いというか、なんとも羨ましいというか・・・…

Albert Pla - Walk On The Wild Side

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 スペインのアーティスト、アルバート・プラによるワイルド・サイドを歩けです。タイトルはスペイン語で〈El Lado Mas Bestia De La Vida〉となっていて、直訳する…

Hookworms - I’m Not A Young Man Anymore

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 リーズ出身のサイケデリック・バンド、フックワームスによるアイム・ノット・ア・ヤング・マン・エニーモア。印象的なギターのフレーズで決まりって感じの隠れた秀…

Michael Stanley - Sweet Jane / Wichi Tai To

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 マイケル・スタンレーによるスウィート・ジェーン。途中、ジム・ペッパーの古いジャズ・ナンバー、ウィッチ・タイ・トゥが挿入されています。マニアックなアレンジ…

Selah Sue & Moby - Walk On The Wild Side

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 セラ・スー&モービーによるワイルド・サイドを歩け。2009年、フランスの音楽番組、Taratataでの演奏のようです。TVショーらしいデュエットですね。 モービーはい…