officewildsideの日記

I Respect Lou Reed, Velvet Underground and more...

https://officewildside.hatenablog.com

Covered Song

R.E.M. - Femme Fatale

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 R.E.M.による宿命の女。デモテープみたいなラフな演奏ですが、まあ普通にいい感じのカヴァーではないかと。ギターのアルペジオのヘナヘナ感はオリジナルを意識して…

Angie - Walk On The Wild Side

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 スウェーデンの女性ヴォーカリスト、アンジーによるワイルド・サイドを歩けです。Angieの表記はスウェーデン語でAの上に点々、トレマが付いているので、エィンジ…

Whipping Boy - Caroline Says II

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 アイルランドのオルタナティヴ・バンド、ホイッピング・ボーイによるキャロライン・セッズ・II。これは選曲も演奏も渋い!なかなかいいですね。 ホイッピング・ボ…

The Creatures (Siouxsie Sioux) & John Cale - Venus In Furs

1957年5月27日はスージー・スーの誕生日。63歳。 という訳で、ちょっと面白い動画を見つけましたので。ザ・クリーチャーズ&ジョン・ケイルによる毛皮のヴィーナス。これは1999年のライヴのようです。可愛らしいスージーばりの子供のパンクスがステージに上…

Maximilian Hecker - Heroin

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 ドイツのドリーム・ポップ系アーティスト、マクシミリアン・ヘッカーによるヘロイン。これはピアノだけで歌っていますが雰囲気があってなかなかカッコいいのでは。…

Husky - Femme Fatale

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 オーストラリアのバンド、ハスキーによる宿命の女。オーソドックスですが、ヴォーカル、ハーモニーともに素晴らしいですね。ザ・ラーズ(The La's)とかペイル・セ…

Elizabeth Cook - Pale Blue Eyes

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 アメリカのカントリー歌手、エリザベス・クックによるペイル・ブルー・アイズ。マンドリン、ウッドベースでのアコスティックなアレンジ、歌声もいい感じですね。 W…

Kelley Stoltz - Sunday Morning

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 アメリカのシンガー・ソングライター、ケリー・ストルツによるサンデー・モーニングです。オリジナルにかなり忠実、というかギターソロは変えてますが、ほぼ完コピ…

What A Day - Femme Fatale

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 2019年、フランスのデュオ、ホワット・ア・デイによる宿命の女。ウッドベースとタンバリンをバックに美しいヴォーカル、なかなかお洒落でカッコいいですね。 オリ…

Annabel Lamb - Sweat Jane

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 1987年、イギリスのシンガー、アナベル・ラムによるスウィート・ジェーンです。カチッとした良質なアレンジで悪くないと思いますが、イギリスっぽくないですね。時…

Lena Deluxe - All Tomorrow’s Parties

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 フランスのアーティスト、リナ・デラックスによる夢見るパーティーです。リズムも雰囲気も変えてポップにフォーキーにカヴァー、こういうやり方もあるんですね。サ…

Zoe Bestel - Satellite Of Love

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 スコットランドの女性アーティスト、ゾイ・ベステルによるサテライト・オブ・ラヴ。ウクレレと透き通った歌声で素晴らしいカヴァーですね。 この動画の説明では201…

Alejandro Escovedo - Pale Blue Eyes

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 1999年、アレハンドロ・エスコヴェドによるペイル・ブルー・アイズです。アコスティック・ブルースなアレンジで、女性コーラス、ストリングスもいい感じですね。 …

Paz Lenchantin - Venus In Furs

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 ピクシーズのベーシスト、パズ・レンチャンティンによる毛皮のヴィーナス。これは素晴らしいですね。一見の価値ありです。 キュートなルックスに似合わず、エフェ…

Wilco - Who Loves The Sun

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 ウィルコによるフー・ラヴズ・ザ・サン。これは2013年6月、マサチューセッツ現代美術館での演奏のようです。オリジナルに忠実にカヴァーしていますね。オルガンの…

Mike Flowers Pops - Velvet Underground Medley

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 イギリスのイージー・リスニング・バンド、マイク・フラワーズ・ポップスによるヴェルヴェット・アンダーグラウンド・メドレーです。ラウンジなアレンジで、夢見る…

Pitty - Femme Fatale (Mulher Fatal)

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 ブラジルのアーティスト、ピティによる宿命の女です。この方は全く知らないのでWikiってみたところ、1977年生まれで本名はプリシラ・ノヴァエス・レオーネ、ブラジ…

Soap & Skin - Perfect Day

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 オーストリアのアーティスト、ソープ・アンド・スキンによるパーフェクト・デイ。説明によると、これは2020年4月、オーストリアのFM局でカミュの〈ペスト〉を朗読…

Mustang - I’ll Be Your Mirror

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 フランスのスリー・ピース・バンド、マスタングによるアイル・ビー・ユア・ミラー。2014年、OUI FMというFM放送でのセッションのようです。 バンド・プロフィール…

Nirvana - Here She Comes Now

1994年4月5日はカート・コバーン(Kurt Cobain)の忌日。27歳でした。 という訳で、ニルヴァーナによるザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのカヴァー、ヒア・シー・カムズ・ナウ。オーディエンス映像ですが、これはカッコいいですね。1991年9月、コネチ…

Twin Shadow - Perfect Day

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 ツイン・シャドウによるパーフェクト・デイ。これはアンビエントと言っていいのでしょうか。ヴォーカルも沈んだ感じで雰囲気はありますね。説明によるとアンダー・…

Die Hornissen - Pale Blue Eyes

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 1982年、ディ・ホーネスンによるペイル・ブルー・アイズ。バンド名の発音はこれでいいのでしょうか。ケルン出身のジャーマン・ロック、二人組のユニットのようです…

Ana Dorei - Sister Ray

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 穴奴隷によるシスター・レイです。穴奴隷は女性3人組のパンク・バンドで日本のザ・スリッツ(The Slits)的な感じでしょうか。2006年に活動停止しているようです…

Helen Gillet - Ride Into The Sun

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 ジャズ・チェリストのヘレン・ジレットによるライド・イントゥ・ザ・サンです。この方、チェロ&ヴォーカルのようですね。 この曲はギターの美しいコードワークあ…

Rachel Sweet - New Age

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 1980年、レイチェル・スウィートによるニュー・エイジ。なかなか個性的な声、シンディ・ローパーとかが浮かんでしまいました。 Wikiってみたところ、レイチェル・…

A.C.Marias - Vicious

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 1989年、A.C.マリアスによるヴィシャス。これはなかなかお洒落なエレポップですね。オリジナルのノイジーなギターの雰囲気は残しつつ時代を感じさせるポップなアレ…

Mark Lanegan - Satellite Of Love

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 元クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ(Queens Of The Stone Age)のマーク・ラニーガンによるサテライト・オブ・ラヴ。これは美しいストリングス・アレンジ…

Elliott Murphy - Walk On The Wild Side (Vienna 2014)

1949年3月16日はエリオット・マーフィーの誕生日。孤高のニューヨーク・ロッカーも71歳ですか。なお、今はパリ在住らしいです。 という訳で、エリオット・マーフィーによるワイルド・サイドを歩け。これは2014年、ウィーンでの演奏となっています。アコステ…

Vanessa Paradis - Walk On The Wild Side

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。 ヴァネッサ・パラディによるワイルド・サイドを歩けです。1990年、一世を風靡した時代のヴァネッサの声、なんとも懐かしいです。 オフィシャルは1990年のヴァリア…

Black Lips - Get It On Time

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。アトランタ出身のガレージ・バンド、ブラック・リップスによるゲット・イット・オン・タイム。これは2020年の作品ですがマニアックなカヴァーですねー。この曲はヴ…