officewildsideの日記

I Respect Lou Reed, John Cale, Velvet Underground and more...

https://officewildside.hatenablog.com

Coffee Break - Warhol Banana Mini Shaped Puzzle

f:id:officewildside:20211015214853j:image

ちょっと休憩ということで。

アンディ・ウォーホルのバナナのミニ・パズルです。サイズは小さめのようです。マリリン・モンローやキャンベル缶も出ているみたいですね。

 

Carl Espen & Josefin Winther - Perfect Day

f:id:officewildside:20211014062716j:image

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。

カール・エスペン&ヨセフィン・ウィンテルによるパーフェクト・デイ。ピアノでシンプルにカヴァーしています。二人のハーモニーもオーソドックスですがなかなかよろしいのではないかと。

二人はノルウェーのシンガーソングライターで、いとこ同士のようですね。

 

 

 

Garbage - Candy Says

f:id:officewildside:20211008215028j:image

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。

ガービッジによるキャンディ・セッズです。これはオリジナルのアコスティックな感じでカヴァー。なかなかいいですね。もっとガツンとしたビートで演りそうなイメージですが。

オフィシャルは2002年のシングル、ブレーキング・アップ・ザ・ガールのB面で、アルバム、ビューティフル・ガービッジスペシャル・エディションなどに収録されているようです。

 

 

 

Annabelle Chvostek - Some Kinda Love

f:id:officewildside:20211008212623j:image

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。

アナベル・フヴォステックによるサム・カインダ・ラヴ。これは素晴らしいですね。アコスティックなスリーピース編成で、気怠く邪悪なヴェルヴェッツのオリジナルを、まるでリッキー・リー・ジョーンズのポップスのような佳曲に仕上げています。

Wikiったところ、アナベラ・フヴォステックはカナダのトロント出身のアーティストで1997年にアルバム・デビューしています。オリジナル作品も聴いてみたいですね。

 

 

 

O Emperor - Sunday Morning

f:id:officewildside:20210903090442j:image

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。

アイルランドのバンド、オー・エンペラーによるサンデー・モーニング。アコスティック、ギターとキーボードでシンプルにカヴァー、なかなかいいですね。コロナ禍の音楽活動って感じでしょうか。

オー・エンペラーは2010年にアルバム・デビューしたバンドで数枚のアルバムを発表しています。

 

 

 

Iggy Pop & Matt Sweeney - European Son

f:id:officewildside:20211005004544j:image

ルー・リード、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどのカヴァーされた曲の紹介です。

先日紹介したザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコのトリビュート、アイル・ビー・ユア・ミラーより、イギー・ポップ&マット・スウィーニーによるヨーロピアン・サンです。これはガレージ感溢れるカッコいいカヴァーですね。ギターのフィードバックもノイジーなSEもいい感じだし、まあ、イギーの声だけで反則というか・・・。素晴らしいです。

関連記事はこちら。↓

 

The Velvet Underground - I’ll Be Your Mirror VU & Nico Tribute Album Arrived

f:id:officewildside:20211004080602j:image

前に紹介したザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコのトリビュート・アルバム、アイル・ビー・ユア・ミラーが届きました。

ひと通り聴いてみましたがなかなかいい感じです。全体的に原曲のメロディやアレンジに沿ったカヴァーですが、セント・ヴィンセント&トーマス・バートレットによる夢見るパーティーだけは原曲の面影無しの詩の朗読っぽいアレンジ。あと、イギー・ポップ&マット・スウィーニーによるヨーロピアン・サンは破壊力抜群、さすがです。サーストン・ムーア&ボビー・ギレスビーによるヘロインはギターのフィードバックのセンスが彼ららしくて納得の?クールなカヴァーですかね。

ブックレットは写真も無く、いたってシンプルなものでした。

f:id:officewildside:20211004030900j:image

前に紹介した記事はこちら。↓